しまねMICE推進協議会 >> 会則

縁結び縄.jpg


(名称)
第1条
この会は、しまねMICE推進協議会(以下「協議会」という。)という。

(目的)
第2条
協議会は、MICEとICTの利活用を通じて人の交流の場を創出し、地元経済と産業の活性化を図ると共に、地域情報化の推進、および地域貢献への増進に寄与することを目的とする。

(事業)
第3条
協議会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)基本計画及び事業計画の策定・実施に関する事項
(2)広報宣伝活動に関する事項
(3)関係団体等との調整に関する事項
(4)前各号に掲げるもののほか、事業の目的を達成するため必要な事項

(構成)
第4条
協議会は、第2条の目的に賛同する団体の代表者(以下「会員」という。)をもって組織する。

(会員)
第5条
この協議会の会員は、次の3種とする。
(1) 正会員
正会員は、第2条の目的に賛同し、役員の承認を受けた島根県内の法人、団体または個人とし総会における議決権を有するもの。
(2) Wi−Fi会員
Wi−Fi会員は、基本計画における「地域ネットワーク構築推進事業」に基づきWi−Fiスポット設置とエリア拡大に協力する島根県内の法人、団体または個人で、総会における議決権を有しないもの。
(3) 賛助会員
賛助会員は、本協議会の活動を賛助・協力・後援する島根県内の法人、団体または個人で、総会における議決権を有しないもの。

(入退会)
第6条
本協議会への入会を希望する企業、団体または個人は、所定の入会申込書を事務局に提出し、役員の承認を得た上、会員となる。
2、 本協議会を退会しようとする会員は、所定の退会届を事務局に提出し、任意に退会することができる。

(役員)
第7条
協議会に次の役員を置く。
(1) 会長 1名
(2) 副会長 2名
(3) 幹事 2名
(4) 監事 2名
2、 会長は、総会において選任する。
3、 副会長、幹事および監事は、会員の中から会長が指名する者をもって充てる。

(役員の職務)
第8条
会長は、会務を総理し、協議会を代表する。
2、 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときまたは欠けたときは、その職務を代行する。
3、 幹事は、協議会の運営を円滑に運営するため、会務を調整する。
4、 監事は、協議会の事業および会計を監査する。

(役員の任期)
第9条
役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

(総会)
第10条
総会は、原則1年に1回開催し、次の事項を審議決定する。
(1) 会則の制定および改廃に関すること
(2) 協議会の予算および決算に関すること
(3) その他、協議会の運営に関する重要な事項に関すること
2、 総会の議長は会長をもって充てる。
3、 会長は、必要に応じ議事に関係する者を出席させ意見を聞くことができる。
4、 総会の議事は、出席者(代理出席者および委任状提出者を含む。)の過半数で決し、可否同数の場合は議長が決する。
5、 総会へは、会長が特に必要と認めるときは、会員以外の協議会の趣旨に賛同する法人、団体または個人の出席も可能とする。

(企画委員会)
第11条
事業の円滑な推進を図るため、企画委員会を置く。
2、 企画委員会に関し必要な事項は、役員会の議決を経て会長が定める。
3、 会長は、特に必要があると認めるときは、第8条第1項第2号および第3号に掲げる事項について、企画委員会に付託することができる。
4、 企画委員会の議決は、会長が適当であると認めたときは、協議会の議決とすることができる。この場合、企画委員会は、議決事項について、次の総会に報告しなければならない。

(事務局)
第12条
協議会の事務を処理するため、株式会社GNSに事務局を置く。

(経費)
第13条
協議会の経費は、負担金その他の収入をもって充てる。

(会計年度)
第14条
協議会の会計年度は、毎年4月1日から始まり、翌年3月31日に終わる。

(解散)
第15条
協議会は、総会において議決権総数の二分の一以上の議決を経て、解散するものとする。

(雑則)
第16条
この会則に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、役員会の議決を経て会長が定める。

附則
この会則は、平成23年5月25日から施行する。

gr_top.gif